Archives for June, 2017

Jun
17

Amazon★★★★★著者とのお話会:報告レポート

ミツイ直子   2017年6月4日にZoomにて「Amazon★★★★★著者とのお話会」がおこなわれました。   神奈川県で「おとなの英語塾」を開校されている鈴木裕先生は、英単語のイメージを分かりやすく説明してくださることで有名です。ETAJ 会員もなわだめぐみさんも、こうして鈴木裕先生のお話会を楽しみにしてくださっていました。     ひろしさんは、「日本語と英語をつなぐ」という言葉の元、 英語塾を主宰し、既に複数冊の英語に関する書物を出版の実績がある方です。 実は去年までは外資系企業に勤める技術社の方だった、という背景をお持ちの方です。 どんな努力があり、機会ご縁を繋いで出版に至ったのか、 そして英語の先生として独立されるにいたったのか。 ひろしさんの歴史には、夢をかなえるヒントが沢山ありそうです。     裕先生は、ご自身の幼少期のお話から最新の活動のお話まで惜しみなくシェアしてくださいました。 「自分の英語力はたかが知れているから、それで勝負をするのではなく、自分が今まで時間や情熱を費やしてきた別のことと英語を組み合わせることで、自分の人間としての希少さを出そうと思った」とお話されていた裕先生。 でも、裕先生の素晴らしさはそんな希少性だけでなく、裕先生が語る言葉の節々に表れる「努力を惜しまない姿勢」や「自分の弱点をどうにか克服しようというコミットメント」にも見られることは、今回のお話会に参加した会員全員が同意できるのではないかと思います。     参加してくださった方からは以下のようなご感想を頂きました。   「貴重なお話を聞かせていただき、本当にありがとうございました。プレゼンを褒められることがあったとお話でしたが、まさにその通りで、導入から最後までが無駄なくつながり、興味が途切れることなく最後まで聞き入っておりました。ひろしさんの圧倒的な知識と、同時に現場での経験がご著書に表れていると思いました。このところ多忙で、英語教育に向かうエネルギーが低下気味でしたが、先をみながら勉強しようという元気が出ました。ありがとうございました。」(泉ひとみ先生)   「確率のお話、出版のお話などなど、私にとってタイムリーでとても面白かったです。いつも良いウェビナーをありがとうございます」(坂倉幸枝先生)   「昨日も刺激的な勉強法の場にいさせて頂きありがとうございました。話の内容の濃さは言わずもがな、プレゼンの構成がとてもシャープで裕先生のように端的かつ惹きこまれるようなプレゼンが出来るようになりたい!!と思いました。本の文字がピカピカ光る、浮き出て来るようになる、これは多読を経て左脳の能力が(右脳に匹敵するくらい)最大限まで引き出された方から共通して聞く体験談なので日本語でも英語でもそのくらい左脳を開花させたいーー☆と強く思いました。ありがとうございました。」(新田ゆかり先生)     当日の裕先生の詳しいメモはWeb会員特設ページにてご覧頂けます。   参加者の皆さま、今回は本当にありがとうございました。     FacebookのETAJグループでは、今回のような勉強会でだけでなく、勉強法や英語に関する疑問点がある場合には気軽に質問をし合うことが出来ます。有志の先生方が積極的に情報をシェアしてくださいますので、一人で英語を教えていることに心細さを感じたり、自己成長に限界を感じていたりする方は、是非そちらもご覧ください。→会員登録はこちら。

By admin | Event Reports
DETAIL
Jun
17

Protected: Amazon★★★★★著者とのお話会:セッションメモ

There is no excerpt because this is a protected post.

By admin | Member Only
DETAIL
Jun
08

すがゆうこ先生にインタビュー

  すがゆうこ先生はドイツ人のご主人と様々な国に滞在後、子育ての場としてドイツを選ばれました。今ではドイツにて児童に英語を教えられています。今回はそんなゆうこ先生にお話をお聞きしました。 「子供たちの『Yes, I can!』を大切に、できた、わかった、通じた、その喜びを感じるようなレッスンを心がけています。」        ゆうこさんのドイツへの移住のタイミングやきっかけを教えてください。   フロリダのディズニーワールドで仕事をしていた時に主人と出会い、その後スペインのカナリア諸島、日本、オーストラリアで一緒に生活する中で、新しい発見と素晴らしい経験を得ました。 カナリア諸島のランサローテという島には、スペイン語が話せる主人の仕事の関係で移住しました。当時ランサローテには日本人がひとりも住んでいなく、私は海と自然に囲まれてのんびりとスペイン語の勉強に専念。英語圏以外の国に住んだのは初めてでしたが、明るく陽気なスペイン人たちが拙い私のスペイン語にも温かく対応してくれて、スペイン語を学習するモチベーションも上がり、太陽が燦々と輝く中、趣味のベリーダンスを習ったりしながら、充実したライフスタイルを送ることができました。 それと同時に、主人に私のバックグラウンドを知ってもらいたいという気持ちが大きくなり、その後は日本に1年滞在しました。この1年間は今でも私たちの絆を深めたと思える、とても有意義な時間でした。異文化を知るには、本などで読んで得た知識だけでなく、実際に体験することが大切です。日本を肌で感じ、異なる習慣を目の当たりにすることで、国、国民性、文化を理解することができますからね。そして主人もまったく言葉の通じない国、日本で生活するという、今までとは違った海外生活を体験をし、学び得たことが多かったと常に話しています。   そして私たちはオーストラリアへと旅立ちました。アメリカ以来、英語圏での生活です。お互い言葉の通じない国に住んだ経験後の英語圏での暮らし、仕事もすぐに見つかり快適でした。ただビザの期限が1年しかなく、その後ドイツに行くか、日本に行くかの選択に迫られました。 ドイツに移住を決めたのは、多言語が集まるヨーロッパ、陸続きで9か国と隣接するドイツ。今まで暮らしてきた国とはまた違った味わいがありそうだという好奇心とともに、子供を産み、育てるには、緑に囲まれたドイツでゆったりと子育てすることに魅力を感じたからです。   ドイツに渡って衝撃的だったことはありますか?   英語がまったく通じなかったことです。ヨーロッパの国ですし、少しは通じるものだと思っていたのですが甘かったですね。最近では外国人も多くなり、歩いていても英語を耳にするようになってきましたが、まだそのような機会は少ないです。   ドイツ語の難しさが半端ではなく、想像以上にドイツ語習得には苦労しました。 日本とドイツの教育の違いにも驚かされました。ドイツの教育は本当に自由です。日本で生まれ育った私には最初、あまりにも放任主義すぎると感じ、理解するのに時間がかかりました。しかし時間をかけて深く知っていくと、『自由=自ら考えて行動しなければならない』なんだと気付きました。親から、先生から、常に指示してもらうことが当たり前になっている日本の子供たち、突然『今から自由に活動していいですよ。』と言われても戸惑う子が殆どではないでしょうか。日本では電車に乗ったら、『ドアが閉まります、ご注意ください。』、バスに乗ったら『右に曲がります、吊革におつかまりください。』、とアナウンスが流れるのが当たり前。気づかないうちに目から耳から得た情報により、自ら注意をする必要性すらなくなっているのです。ドイツでは、停留所などは自分で確認しなければいけませんし、ドアも降りる際にボタンを押して意思表示しないと停まってくれません。線路には踏み切りがないので、自分で安全確認が必要です。毎日の習慣の積み重ね、『考える力』を奪っているのは私たち大人なのかもしれないと思いました。 上からの指示にどれだけ的確に答えられるかという時代はもう終わり、自ら考え、自分をしっかりと持ち、自己を表現することで『生きる力』を養っていく。この重要性を強く感じています。出る杭は打たれ続けてきた日本の教育、みんなと同じでないことに違和感を覚え、不安になる社会。そうではなく、それぞれが持つ『個』を大切にし、個性を伸ばしていってあげる、個々を認め、受け入れ、支えあう、そんな社会が必要な時が来ているのではないでしょうか。   英語を教えようと思ったきっかけについて教えてください。   グローバル社会で活躍していく上で欠かせない言語といえば英語。英語ができるから『頭がいい!』『賢い!』決してそうではありません。英語を話す人は、他の人よりも多く反復練習を繰り返してきただけなんです。私は、自己表現をするツールのひとつに英語は属すると思っています。これからの社会を生き抜くために必要なツールなのです。 英語を使い、世界中の人々とコミュニケーションを取ることにより、異なる文化を知り、違いを理解し受け入れる柔軟性も身につきます。さまざまなバックグラウンドを意識することにより、自分の国に誇りを持ち、母国語の大切さ、文化の素晴らしさに気づけるのです。   異文化が交わることが、他の国に比べて少ない環境で育ってきた私たち。陸続きの国々では、文化や言語が交わることは日常茶飯事です。だからこそ、相手の慣習や思想を尊重しながら、自分たちのアイデンティティを大事していくことができるのでしょう。 国境を越え視野を広げ、子供たちの可能性を高めていくには、単に英語を習得すればいいのではなく、その英語というツールを使い、異文化を理解する力、コミュニケーションができる力を伸ばしてあげること。交わる文化の中で活躍するには、自己をしっかりと持ち、主張できるタフさ、対応できるフレキシブルさも重要になってきます。   知識としての英語だけではなく、実際に使えるフレーズを感覚的に覚えることも大切です。そして外国人とコミュニケーションすることの楽しさ、英語が通じた時の喜びや達成感などを知ってほしい、異なる価値観や考えを受け入れる幅広いマインド、探求心や好奇心を育てていきたいという気持ちが、英語を日本の子供たちに教えたいと思うきっかけになりました。   今はどのように英語を教えていますか?   これほど多くの国で話されている言葉、英語。その背景には、英語のシンプルさが存在します。そう、これだけたくさんの国の人が話せる言葉、英語は決して難しくないのです。   どうしても文法から入ってしまう日本人。主語、述語、名詞、形容詞がこれで…と考えると、わざわざシンプルな言語を難しくしているように感じます。お馴染みの「This is an apple.」。これを私たちはまず、「Thisが主語でこれは、isが述語でです、appleが名詞でりんご、りんごがひとつだからanが付きます。」と習います。でもこれだと、なかなか会話をするレベルには到達しません。 日本語でママが赤ちゃんに言葉を教える時はどうでしょう。まずりんごを前に置いて、を指さして「これはりんごだよ。」って何度も繰り返しませんか?それと同じ!りんごを見せて、「This is an apple.」を繰り返すんです。体で感じ取るまで。実際の体験を通して、覚えた言葉は身になります。教科書で覚えた言葉は使わないと忘れてしまうでしょう。   歌やダンスなどを通して英語に触れることで楽しく、英語が特別な存在でなくなることを一番に考えています。『外国語は難しい』という壁を作らないように、工作や色塗りなど子供の興味のあるものを使い、色や数、簡単なフレーズを気づかないうちに覚えていきます。フラッシュカードで単語を覚えるだけでは話すことはできませんので、実際に使えるシチュエーションに合わせたフレーズを覚えることから始めています。 基本1文字に1拍で発音する日本語での生活をしている子供たち、どうしても発音がカタカナ英語になりがちです。英語の音に慣れるようにフォニックスを使ったり、リトミックと同じように体で英語のリズムを感覚的に習得できる工夫をしています。 ピアノやテニスと同じで、英語は日々の反復練習です。頭で考えてしまうと逆に話せなくなってしまいます。歌やジェスチャーに合わせて英語のフレーズを何度も口にすることにより、動作と一緒に自然とフレーズが出てくるようになります。そして子供たちの『Yes, I can!』を大切に、できた、わかった、通じた、その喜びを感じるようなレッスンを心がけています。   これから進んでいきたい方向性についてお聞きしてもよろしいですか? […]

By admin | Member Interview
DETAIL