すずきひろし

Jun
17

Amazon★★★★★著者とのお話会:報告レポート

ミツイ直子   2017年6月4日にZoomにて「Amazon★★★★★著者とのお話会」がおこなわれました。   神奈川県で「おとなの英語塾」を開校されている鈴木裕先生は、英単語のイメージを分かりやすく説明してくださることで有名です。ETAJ 会員もなわだめぐみさんも、こうして鈴木裕先生のお話会を楽しみにしてくださっていました。     ひろしさんは、「日本語と英語をつなぐ」という言葉の元、 英語塾を主宰し、既に複数冊の英語に関する書物を出版の実績がある方です。 実は去年までは外資系企業に勤める技術社の方だった、という背景をお持ちの方です。 どんな努力があり、機会ご縁を繋いで出版に至ったのか、 そして英語の先生として独立されるにいたったのか。 ひろしさんの歴史には、夢をかなえるヒントが沢山ありそうです。     裕先生は、ご自身の幼少期のお話から最新の活動のお話まで惜しみなくシェアしてくださいました。 「自分の英語力はたかが知れているから、それで勝負をするのではなく、自分が今まで時間や情熱を費やしてきた別のことと英語を組み合わせることで、自分の人間としての希少さを出そうと思った」とお話されていた裕先生。 でも、裕先生の素晴らしさはそんな希少性だけでなく、裕先生が語る言葉の節々に表れる「努力を惜しまない姿勢」や「自分の弱点をどうにか克服しようというコミットメント」にも見られることは、今回のお話会に参加した会員全員が同意できるのではないかと思います。     参加してくださった方からは以下のようなご感想を頂きました。   「貴重なお話を聞かせていただき、本当にありがとうございました。プレゼンを褒められることがあったとお話でしたが、まさにその通りで、導入から最後までが無駄なくつながり、興味が途切れることなく最後まで聞き入っておりました。ひろしさんの圧倒的な知識と、同時に現場での経験がご著書に表れていると思いました。このところ多忙で、英語教育に向かうエネルギーが低下気味でしたが、先をみながら勉強しようという元気が出ました。ありがとうございました。」(泉ひとみ先生)   「確率のお話、出版のお話などなど、私にとってタイムリーでとても面白かったです。いつも良いウェビナーをありがとうございます」(坂倉幸枝先生)   「昨日も刺激的な勉強法の場にいさせて頂きありがとうございました。話の内容の濃さは言わずもがな、プレゼンの構成がとてもシャープで裕先生のように端的かつ惹きこまれるようなプレゼンが出来るようになりたい!!と思いました。本の文字がピカピカ光る、浮き出て来るようになる、これは多読を経て左脳の能力が(右脳に匹敵するくらい)最大限まで引き出された方から共通して聞く体験談なので日本語でも英語でもそのくらい左脳を開花させたいーー☆と強く思いました。ありがとうございました。」(新田ゆかり先生)     当日の裕先生の詳しいメモはWeb会員特設ページにてご覧頂けます。   参加者の皆さま、今回は本当にありがとうございました。     FacebookのETAJグループでは、今回のような勉強会でだけでなく、勉強法や英語に関する疑問点がある場合には気軽に質問をし合うことが出来ます。有志の先生方が積極的に情報をシェアしてくださいますので、一人で英語を教えていることに心細さを感じたり、自己成長に限界を感じていたりする方は、是非そちらもご覧ください。→会員登録はこちら。

By admin | Event Reports
DETAIL
Oct
18

鈴木裕先生のWebセミナー:報告レポート

ミツイ直子     2016年10月16日にZoomにて鈴木裕先生のWebセミナーがおこなわれました。タイトルは「英語学習でのイメージを使った明示化」。   今まで一般的に「明示化」といわれると、英語教育では「訳語」や「文法」が使われてきましたが、ここ近年「イラストによる明示化」が注目されています。どうして「イラストによる明示化」が英語教育において効率的なのか、鈴木先生のお話を聞くことが出来ました。   鈴木先生は、いくつかの観点から「イラストによる明示化」の効率点を挙げられました。     まず、文法を「地図」に例え、それぞれの英語学習者によって必要となる「地図の精度」が異なることをお話してくださいました。例えば、鈴木先生は「ネイティブの子どもは地図なしに歩き始める」と言い、学習者は最初は簡易化された地図(大雑把な「文法地図」)から入って、疑問が湧いたり必要になったときに例えばGoogle Map のStreet Viewのように細かい「文法地図」を利用すれば良いと言います。個々の英語学習者に「文法理解」の差があり、それでも問題なく英語を使っていく事が出来ている状態が、よく表現されている例です。   続けて「日本語ベースの地図」には書き込めないものも少なくなく、例えば英語の場合は(1)前置詞、(2)可算名詞と不可算名詞、(3)冠詞、(4)時制、(5)仮定法、(6)所有代名詞等だと主張され、だからこそ日本人英語学習者のこれらに対する理解が低いと指摘されました。これらは今後の鈴木先生のイラストベースの参考書プロジェクトとしても取り上げられる予定だそうですので、沢山の英語講師や英語学習者がその恩恵を受けられそうですね。   また、今まで英語の明示化のために使われてきた手法である「訳語」や「文法」の効率性を認識しつつも、人間のもつワーキングメモリーの観点から考えるとそれらの「明示化手法」は必ずしも効率的ではなく、むしろ脳にかかる負担が大きいこともあると説明されました。   そうして、脳の処理能力を上げるために「イラストによる明示化」を提案されたのです。     それぞれの英単語の持つイメージをイラスト化するのは鈴木先生の得意とするところです。事実、その「英単語を的確に(その単語の持つイメージを壊さず)イラスト化する能力」を買われ、今夏には初の出版もされました。 ただ、そんな鈴木先生は、「世の中に出回っている“イラストで覚える英単語”系の参考書のイラストは、必ずしも各単語のコアイメージを表しているわけではなく、その多くが“挿絵”の域を越えていない」と指摘。ですので、「イラストや、イラストから奮起されるイメージを上手に利用して英語を教えよう」と思う英語の先生は、使用教材のイラストが本当に単語のコアイメージを表しているものなのか、それとも“挿絵”なだけなのかをきちんと判断し、賢い選択をしていくことが必要となりそうです。   他にも多くの英語情報を惜しみなくシェアしてくださった鈴木先生。参加者からは「とても興味深く、ヒントをもらえる部分がたくさんありました。」「ひろしさんはご自身の得意分野を発揮できる形で英語の教材を作られてるので、とても素敵ですね。」とお声を頂きました。鈴木先生、今回はお忙しい中、有益なWebセミナーを開催してくださいまして本当にありがとうございました。     【鈴木先生の著書、ウェブ書籍】          【鈴木先生がこれからプロジェクト参加される予定のGogengoウェブサイト】      

By admin | Event Reports
DETAIL
Jul
20

ETAJ 理事:鈴木裕先生にインタビュー

英語や言語学への探求心を大事にするために大手外資系会社を離職された鈴木裕先生は、今月初めての英語学習本を出版されます! 今回はそんな鈴木先生にお話をお聞きしました。 「嘘があってはならない」の思いから図書館で調べものをするうちに、探究心に火がつきました。             先生が英語や言語学に興味を持ったきっかけを教えてください。   英語は中学のいちばん最初の授業から好きでした。それがあったから社会人になって「技術以外の強みが欲しい」と考えたときに「英語」が思い浮かんだのだと思います。言語学への興味のきっかけは職場内用のwebsite作成です。英語学習の教材資料を作ろうとして、「嘘があってはならない」の思いから図書館で調べものをするうちに、探究心に火がつきました。特に「英語の語源」と「日本語と英語の違い」が面白くてやめられなくなりました。語源を辿るうちに「そもそも言葉って何?」「言葉の起源は?」に興味が行って、以降、人間以外の言語行動や日本語の起源など、知りたいことが際限なく湧いてきています。     その後、どうやって英語や言語学を学んできましたか?   英語については2-3年英会話学校で学んだ以降、基本は独学です。幸い、英米の仲間との仕事の機会があったのでそれが大きかったと思います。「楽しい」という思いより「恐怖に打ち勝つため」の勉強だったと思います。実務の場で冷や汗をかかないことだけを考えていました。あまり好ましい学習方法ではありませんが、追い込まれないとできない性質なので私にはその方が良かったのかも知れません。 海外へは何度も行かせてもらいました。最初はイギリス中心で、後半10年はアメリカ中心です。世界各国から日本に来てもらうときのホストもしたりして、文化を感じる上でも勉強になりました。 言語学は本での独習です。じっくり学ぶというより、多くの本を斜め読みして、それを自分なりに解釈するのが性に合っているようです。     先生が英語を教え始めたきっかけを教えてください。 職場の仲間にはじめて英語を教えたのは15年くらい前。管理職としてそれが必要だと思ったからです。人事部門が提供する教育は現場で役に立つものではありませんでした。とは言え自分もその当時は自分が勉強したやり方と同じことを押し付けようとしていました。何も分からなかったから。言語学を学んだ後は、「それぞれの学習者に合った方法があるはず」という考えに変わり、やり方を変えました。     先生が英語の本(語源や前置詞等も含む)を書き始めたきっかけを教えてください。   語源に興味を持って以来、こつこつと2500語くらいの単語を形態素(接頭辞・語根・接尾辞)に分解してEXCELに入れ込んで、それをソートしたりして眺めているうちにいろいろ見えてきて、「絵で描いたら面白い」と直感してそれを書きはじめました。前置詞についても絵で描いているうちに自分の理解が深まって。それらを何かの形で世に残したかったので2011年に電子書籍「ぴくとりある」シリーズを書きました。それをミツイ直子さんに見てもらって2015年に「イラストで広がる英語の世界」を共著させてもらいました。     今回7月に出版される本の作成に関わることになったきっかけを教えてください。   嘘みたいな話です。SNSをはじめた頃、語源の本を参考にさせていただいていた清水建二先生に友だち申請して自己紹介しました。その後だいぶ経って、SNSで「本を書きたい」とつぶやいたら、清水先生が「書きましょう」とコメントしてきて、数日後に会って内容を決めて、その二日後に目次を作り、一週間でサンプルページを書いて、三週間後には出版者の企画会議を通りました。 清水先生の本も含めて、似たような学習本の中のイラストは「挿絵」であって「図解」ではないとお話しし、その点で意見が一致したのが大きいと思っています。     英語の先生方に、何かアドバイスをください。   思春期を過ぎてからの第二言語習得のための方法は「明示化」がメインとなってくると思います。その明示化、つまり文法・語法や訳語などは参考書に書いてありますが、そこに書いてあることで説明できることは限られます。辞書に書いてある「訳語」も重要な明示化の方法ではありますが、それにも限界があります。先生と生徒双方がその限界の存在を意識することと、生徒がその限界を超える手助けをしてあげられるのが、よい先生なのではないかと思います。熱意と誠実さは生徒に伝わります。分からないことを生徒といっしょに考えるのも、大切なことだと思います。 私自身は辞書で学びました。言語学習に独習は欠かせず、独習に辞書は欠かせません。それを使いこなせるようにすることが、生徒の自律性が高めることにつながると思います。辞書を読む面白さや、それによる発見の楽しさを、先生方には生徒さんたちに伝えてもらいたいと思います。       鈴木 裕 英語教材開発者、イラストレータ。 大学で機械工学を学んだ後に工業英語などの英語学習を始め、外資系建設機械メーカーで20年以上、英米人との製品開発プロジェクトに加わり、その中で実務の英語を学ぶ。一方で、対照言語学や認知言語学、英語/日本語の語源などを学び、その知識を基に、学習者向けに英単語や英文法・語法をイラストによって明示化する方法を探求している。 教育と教材開発に専念するため、2016年5月にメーカーを退職し、神奈川県相模大野で「おとなのための英語塾」を開塾。 鈴木先生のブログ:日本語と英語をつなぐ   鈴木先生の初出版本!清水健二先生との共著です。 イメージと語源でよくわかる 似ている英単語使い分けBOOK 2016年7月22日 発売   【本の概要】 似ている英単語(類義語)の違いを解説した本です。共著の清水先生の名著として知られる「似ている英単語使い分けBOOK」シリーズ3冊の中から重要項目を選び出し、そこに概念的な図解としての私のイラストを加え、かつ私の得意な語源の話をふんだんに入れて説明を書き換えました。実際に使い分けに悩む場面が多いものとして新しい項目も加えました。   […]

By admin | Member Interview
DETAIL