ETAJ

Feb
21

泉瞳先生にインタビュー

  泉瞳先生はご自宅やカルチャーセンターで幅広く英語を教えていらっしゃいます。その秘訣は、女性ならではの悩みでもある「家庭の事情」と上手に付き合うこと、でした。   「大まかに「こうなったらいいだろうな」という明るいイメージを持ちつつ過ごしていく」       瞳先生が英語を教えようと思ったきっかけを教えてください。   実は国語の教師になりたくて教員養成系の大学を目指していましたが、 残念ながら不合格だったのです。浪人する選択肢もなかったので、受験慣れのためのに受けて合格していた大学の、文 学部英語科に進学しました。 英語が特に好きと言うのではなく、そこで英語科の教員免許を取得して教員を目指せばいいか なと思ったのが、こうして英語と関わることになったきっかけでした。 大学4年時の教員採用試験では、またも合格することができませんでした。公立校の非常勤講師 をしながら何年も採用試験を受け続ける人も多いのですが、公立校とは違う世界を見てみようと考え、卒業した1986年春、語学関連の会社に就職しました。 この会社では同僚の外国人と一緒に行う業務も多く、ホームステイ関連の事務や、担当する英 語クラスの指導で毎日英語を使う必要があったので、on the job training 方式で英語を身につけて いきました。大学を出た程度の英語力でしたから、フォニックスクラスや、イマージョンクラスを担当する場合は、その都度学ばなければならないことがたくさんあって、本当に大変だったの ですが、のちに公立中学で英語指導をする時にとても役に立ちました。 もし公立中学校しか知らなかったら、英語教育について狭い視野でしか考えられない教師になっていたのではないかと思います。 自らで進んで英語を選んだわけではありませんでしたが、いろんな出会いがあって、今だに英語に関わっています。   今はどのように英語を教えていますか? 特に気を付けていることや工夫していることはありま すか?    自宅教室「ハッチポッチイングリッシュ」では、個々の生徒さんに合わせてプランを作り、そ の方の目標を達成できるようにレッスンをしています。 また、道新文化センターさっぽろ東急教室では、レディース英会話、旅行英会話の2クラスを担 当しています。この教室は東急デパートの中にあり、生徒さんの年齢は40代から70代の方が 中心です。 『学生時代に英語が好きだったので、改めて英語を学び直してみたい』 とおっしゃる方が多いですね。 みなさんに共通するのは「英語を話せるようになりたい」という想いです。 『失敗を気にせ ずに安心して発言できるように、和気藹々とした雰囲気をつくる』ことを第一に考えています。 ただし『しゃべりっ放し、どうにか通じれば良い』と言うのでは英語力は伸びないので、 ・日本語と英語の違いを押さえて、主語を意識して話すようにすること。 ・会話だけでなく、ある程度の長さの英文を精読+音読することで、英語の構造を理解できるよう導くこと。 ・ジャズチャンツで英語のリズムを覚え、考えなくても口から出てくる表現を増やすこと。 ・テーマや写真を用いて、会話するために必要な状況を用意すること。 などを基本にレッスンしています。 みなさんが毎回のレッスンがとても楽しみだと言ってくださる ので、次はどんなトピックを用意しようかと励みになっています。   結婚、子育て、数回の転勤や転居、そしてご両親の介護に直面しながらも 英語教育に関わり続 けてきたとお聞きしました。 その中での葛藤や工夫等についてお聞きしてもよろしいですか?    教師の仕事はとてもやりがいがありました。ですが夫が多忙であること、実家が遠いことな […]

By admin | Member Interview
DETAIL
Feb
13

2018 Convention Committee Report #3: “Let’s Famingle!”

ミツイ直子   2018年Convention実行委員からの報告レポートも3通目となりました(1通目はこちら、2通目はこちら)。 半年以上続いているConventionの準備ですが、その過程でプライベートが忙しくなった実行委員が抜けたり、当初思い描いていた形のConventionをおこなうのが物理的に難しくなったりと、まさに山あり谷ありの経験をさせていただいています。そんな中でも終始明るく前向きな役員メンバーに、そして、Convention開催の何カ月も前から「Conventionを楽しみにしていますね」というメッセージを送ってくださる会員の皆さまには感謝の想いしかありません。 そして今、ご提出いただいたAbstractsのBlind Reviewも全て終わりました。予定よりも早く、発表者となる皆さまへの通知をさせていただけることになりそうです。Abstractsをご提出してくださいました皆さま、Blind Reviewをおこなってくださいました理事会の役員スタッフ、本当にありがとうございました。     さて、前回の報告レポートにてご紹介させていただきましたConvention Sloganですが、こちらは“Colors to the Globe”となっています。多種多様な形で異なるタイプの生徒さんに英語を教えている方が集まるETAJらしく(なかには英語を教えていないけど英語や言語学が好きなだけ!という方もいらっしゃいます!有難い限りです!)、地球に、そして英語教育界に様々な「自分たちならではのカラーを」持ち寄ろう、というメッセージが込められています。 それに合わせて、Convention Logoとして「通常のETAJのロゴの地球部分に色付けをしたもの」を用意しました。まさにConventionを彩る役割をしてくれることだと思います。   そして! 今回ご紹介したいのは、Convention Themeである「Flamingo」に合わせてプロのイラストレーターさんに描いていただいたフラミンゴのイラストです。     こちら、Convention 2018 実行委員の新田ゆかり先生のお知り合いのイラストレーターさんが描いてくださいました。 フラミンゴがシンボリズムとなっているという「感情に素直になること」「人とのつながりを大事にして外に飛び出すこと」「コミュニティーや協力」というメッセージをイメージして描いてくださったものです。   そのシンボリズムを楽しむかのように、英語圏ではFlamingoと「一緒になる、溶け合う」という意味を持つMingleという単語が組み合わされて、パーティーの招待状などでは「Flamingle」と称されることがあります。   ETAJ Convention 2018でも皆さまに楽しんでいただきたいのは、まさにそこ。   近年、大人の学びの機会というとオンライン上であったり講義動画であったりと非常に便利になってきました。そのおかげで選択肢が広がっているのは事実ですが、だからといって実際に空間を共有することで得られる一体感や信頼というような、目に見えないけれども面白い化学反応を疎かにしても良いわけではありません。もちろん、世界中に会員がいるETAJですから常に一か所に集まることは難しいでしょうが、ETAJが開催するConventionは二年に一度。普段、全てをオンラインで済ませてしまう方にも、たまには「現地参加」をする楽しさを味わっていただけたらなと思います。 特にETAJには、教育に熱意もあり、人間性も素晴らしい先生方が沢山いらっしゃいます。当日、現地に足を運ぶことで得られるご縁はプライスレス!私自身、当日にはどんな新しいご縁をいただけるのか…、既にあるご縁をどう深めていけるきっかけが創れるのか…、今からとても楽しみです。   もちろん、日程の関係で当日ご参加できないというETAJ会員には当日発表されるHandout Sessionの冊子を郵送させていただくことが可能です(有料)。多くの先生方の知恵、知識、経験の結晶を、皆さまの授業にお役立ていただければと思います。   Convention参加希望者の募集は4月上旬には開始となるかと思いますが、皆さまのお力添えのおかげで色々なことが予定よりも早く進んでいるので、少し早くなるかもしれません。募集告知はETAJのFacebook Closed Group、そしてETAJのメールレターにて同時におこなわせて頂く予定ですので、メールレターの登録をお済ませでない方は今のうちに登録されるのをお薦めします。   では、Convention実行委員一同、7月21日に多くの皆さまにお会いできるのを楽しみにしています!       ETAJ のFacebook、Closed Group では先生方が役立てることが出来るような便利なウェブサイトのご紹介などもしています。 良かったらご参加ください。      

By admin | Articles
DETAIL
Nov
11

2018 Convention Committee Report #2: ETAJ Convention 2018 開催趣旨

新田ゆかり   皆さまこんにちは!2018 Convention実行委員の新田ゆかりです。 この度、満を持して2018年Conventionの目玉となりますHandout session参加者募集を行うことになりました。つきましては2018年Convention開催に向けて実行委員で話し合ってきました重要事項のうち、皆さんに是非、事前情報として知っておいて頂きたい内容についてお伝えしたいと思います。   まず、こちらのConventionですが2年に1度開催されており、去年2016年が初開催でした。2016年の Conventionに参加された方からは以下の様なご感想を頂いています。   “この時のConventionでは、参加メンバー皆さんそれぞれに課題や目標を見つけ、 授業や自己研磨に活かすことができる、実りある素晴らしい1日となりました。 また、普段なかなか直接お会いすることができないメンバー同士の交流の時間は、 以降のETAJ活動を支える信頼を築く機会となったことは間違いありません。(なわだめぐみ)”   これらの実績を踏まえ、2018 Conventionでは更に内容を充実させ、より多くのETAJメンバーの個々の素晴らしい英語ストーリーに耳を傾けて尊重する場となることを目指して準備を進めております。     それではHandout sessionにてより良いディスカッションがなされますよう、以下、各項目に目を通して頂き、適した立候補者には準備を進めて頂きたいと思います。   ◆Convention開催の理由(Conventionをどんな場にしたいか?) ・既存の企業などに所属をしなくても、活躍している先生がいることを知ってもらう場。 ・個人の先生たちが安心して相談ができる場所であることを知ってもらう場。 ・プライベートの英語講師が一人きりにならないように、お互い助け合う・高め合う場。 ・ETAJメンバーそれぞれが持っている英語ストーリーに耳を傾けてシェアする場。 ・例え全員がシェアできなくても、次回のConventionや毎月行われている勉強会で「私もシェアしたい」と思ってもらえるような場になるとよい。   私たちはこれら全てが最終的に生徒さんにお返しできることへと繋がると信じています。また、ETAJでの出会いやETAJでの学びがその先生の英語力や指導力の質を高めることになり、その価値に見合った報酬を頂けるようになることも私たちの目標のひとつ。結果として、生徒の英語力だけでなく人間性までも高められることになり、英語を学ぶということは話し手のバックグラウンドをも知ることに繋がるんだよ、という本質的なところを伝えられる子供たちが増え、そんな若者たちに将来、日本の英語教育、日本の未来を牽引して欲しい…。細い紐も束になれば頑丈になる…。そんな想いが発信される源泉となればと思っています。   ◆Convention Slogan “Colors to the Globe”   ◆Convention Logo   ◆Convention Theme “Flamingo”  (フラミンゴの特徴) *感情に素直になること *人とのつながりを大事にして外に飛び出すこと *コミュニティーや協力というシンボリズム Ref.) https://www.spirit-animals.com/flamingo/   ◆Convention Key Words Emotions, […]

By admin | Articles
DETAIL
Aug
18

2018 Convention Committee Report #1: ETAJ Convention 2018に向けて

なわだめぐみ   English Teachers Association of Japanでは、高い意識をお持ちの英語の先生方を中心に、お互いの知識や教養を高めたり、英語教育業界全体へ貢献していけるような情報共有及び交流の場を提供しています。毎月行われるWebセミナー等の他に、ぜひとも皆さんに楽しみにしていただきたいイベントのひとつに”Convention”があります。   Conventionは2年に1度の頻度で開催をしており、去年2016年が初開催でした。 この時のConventionでは、参加メンバー皆さんそれぞれに課題や目標を見つけ、授業や自己研磨に活かすことができる、実りある素晴らしい1日となりました。また、普段なかなか直接お会いすることができないメンバー同士の交流の時間は、以降のETAJ活動を支える信頼を築く機会となったことは間違いありません。   さて、そんな2016年のConventionから早1年。既にETAJでは2018年のConventionを見据えて動き出しています!この1年で会員数も増え、2016年と比べると規模が大きく、またプログラムも多様になりそうです!!   開催準備として、まず代表理事のミツイ直子先生のお声掛けのもと、Convention Planning Committee の募集がかけられました。私なわだも「まだ英語講師経験がないけれども、私にできることがあるならば…!」という思いのもと、立候補するに至りました。 そうです、この段階では、実は私はまだ英語の先生未満。去年のConventionの開催時に至っては、ミツイ直子先生のもとで英語を教えるための勉強をし始めたばかり、でした。 けれども、英語の先生を目指している過程にある人にとっても多くの学びがあるのがこのETAJ。「先生未満の自分でも、何かできることはあるかな?」そう思わせてくれる雰囲気を持っているのがこのETAJなのです。   とはいえ、実際にETAJ及びConventionに参加することで、一体どんなBenefitが自分にはあるのかしら?そんな疑問をお持ちの方も、いるかもしれません。英語の専門家の方々が集まっているので「ちょっとハードルが高そう…」と思い、参加を留まっている方もいるかもしれません。 「そんな方も是非参加の一歩を踏み出していただきたい!」そんな思いが私の中にあり、今回第1回目の実行委員の会議を公開会議にしてみませんか?と実行委員の皆さんに提案してみたところ、皆さんに快諾いただき、この度動画の公開となりました。     第1回目の公開会議に参加をされた先生は以下の通りです。清水健雄先生、鈴木裕先生、新田ゆかり先生、ミツイ直子先生、そして私なわだめぐみの5名。会議はミツイ先生がfacilitatorとなり、“6つの帽子思考法”を使って進められました。この“6つの帽子思考法”というのは、1つの議題について6つの視点(=6色の帽子)をひとつずつ順番に採用し(=帽子をかぶり)、意見を出していく、という思考方法です。   6つの帽子(視点)は下記のように区別されています。 ・白…客観性、事実や数値などのデータに基づく ・赤…感情的、情緒的な視点 ・黒…警戒と注意を促したり弱点やリスクを指摘する ・黄…楽観的でポジティブな考え方 ・緑…自由で創造的、新しい発想や考え方 ・青…管理統制、整合性、結論を導く   ポイントは、参加者全員が“同じタイミングで同じ色の帽子を被る”ということです。全員が同時に同じ視点からの意見を出すことで、会議全体の方向性があっちこっちにブレることがなくなり、効率よく意見を出すことができ、結果的に会議の時間の短縮にも繋がります。 私は初めてこの思考法を体験したのですが、面白いほどに自分が意見を出しやすい/出しにくい帽子の色が分かります。改めてチームというのは、それぞれの良い所を伸ばし苦手な部分は補う絶妙なバランスの上で成り立っているのだな、ということを実感しました。英語以外の部分についても、こんな体験・実践ができるのもETAJの素晴らしい所です♪     現在この会議で出た意見をまとめ、改めて全体のバランスを見ながら調整をしていっているところです。英語の先生にも、英語の先生を目指している人にとっても、学びのどの段階にあっても得られるものは必ずある、そんな体験ができるConventionを開催したい、縁の下で支えていきたいと思っております。今後もConvention Planning Committeeの動きに注目をしていただければ幸いです。日本の英語教育、一緒に盛り上げていきましょう!それではどうぞ、動画をお楽しみください♪     ETAJ のFacebook、Closed Group では先生方が役立てることが出来るような便利なウェブサイトのご紹介などもしています。良かったらご参加ください。  

By admin | Articles
DETAIL
May
18

Biennial Convention Planning Committee を募集します。

ミツイ直子   「現代版、ウサギとカメの物語」をご存知ですか?   私達が幼い頃に聞いた「ウサギとカメ」の物語は、自分の能力を過信したウサギがカメとのレースの最中に昼寝をしてしまい、ゆっくりと安定した歩みを進めたカメに抜かされて負けてしまうというものでした。 物語の教訓としては聞こえが良い物語ですが、教育者として気になるのは「物語の後のお話」です。レースに負けたウサギはその経験から何を感じ、何を学んだのでしょうか?その経験から学んだことを、その後の行動に反映させたのでしょうか?   「現代版、ウサギとカメの物語」ではその部分が明らかになっています。     この「現代版:ウサギとカメの物語」はビジネススクールでよく取り上げられます。一昔前まで主流だったともいえる「競争社会」は終わり、今では「個々の得意な部分を活かしたチームワーク」が大事だと説かれる時代となりました。   こうした「個々の得意な部分を活かしたチームワーク」というのは、ETAJのように全てがボランティアの、少人数で運営している会にとっては必須です。個々の生活や仕事があり忙しい中での運営ですから、ETAJにて提供できるものは必然的に個々の得意分野となります。でも、だからこそTop-downで押し付ける形で個々に仕事を振り分けることがないため、役員やボランティアの先生方は「自分にとっては大したことではないと感じるような、でも “自分の得意なこと” で周囲の人が喜んでくれる」という貢献の喜びを感じながらETAJの活動に参加してくださっています。 また、Top-downで決めつけることない「個々の在り方や感じ方、価値観を尊重したチームワーク」でもありますので、一つのことに関してディスカッションをしていても次々と面白いアイディアが出てきたりもします。もちろん運営に関わる決定事項には慎重になる必要がありますが、まずは面白いアイディアを沢山出すというのは「革新的な会社の質問力」という本でも紹介されているビジネスの手法です。 私達ETAJにとって「個々の得意な部分を活かしたチームワーク」というのは、役員や会員が幸せに仕事や作業をおこなっていくためにも必須なビジネスモデルであり、個々のカラーを楽しみながら(自尊心と他尊心を大事にしながら)成長していける、まさに一石二鳥なコンセプトなのです。   2018年に予定しています、第2回目のConventionにも、こうしたチームワークによって起こる化学反応を上手に利用してみようと思いました。ETAJ初のConventionは2016年の夏におこないましたが、もともと私ミツイの日本訪問に合わせて行ったものであり、少人数のTalkが聞ける少人数のための会という感じでした。第2回目のConventionは、もっと既存の会員を意識したものにしたいと思っています。 そのためには、役員だけで話し合い、役員だけで色々なことを決めていくのでは面白みに欠けると思ったのです。そこで「Convention Planning Committee(実行委員会)」を設立することにしました。   実行委員の選出方法は以下の通りとなります。 (1)勉強会参加経験のあるWeb会員(有料会員)から立候補を募る (2)立候補者は他ETAJメンバー(一名)からの推薦文提出が必須 (3)実行委員決定は理事会によっておこなう(代表理事と理事で決定) (4)実行委員の人数上限は特になし   実行委員候補者の条件は以下の通りとなります。 (1)勉強参加経験のあるWeb会員(有料会員)であること (2)英語講師経験の有無は問わない (3)小まめにFB Secret Groupをチェックできる環境にあること (4)自分の考えをシェアすることを厭わず、他人の考えを尊重できる人 (5)最低一度はETAJ主宰の勉強会に参加経験のある人   また、実行委員をすることによって得られるメリットは以下のものが挙げられます。 (1)Convention企画に携われる (2)他者や分野への貢献によってしか感じることのできない満足感や充実感が感じられる (3)Convention企画において設立されるFB Secret Groupでの イベント企画・運営やリーダーシップに関する学びの機会が得られる (4)役員や他実行委員との関係を深めることができる   こちらは今の時点(米国西海岸時間5月18日現在)で頂いたご質問への回答です。   Q: どのくらいのCommitmentが必要となりますか? A: 実行委員を募集しておこなう形は今年が初めてなので分かりません。皆さんボランティアとしての活動となるので常識的な範囲で留めたいとは思っていますが、ETAJならではのCultureを一緒に作り上げていけたら良いなと思っています。   Q: […]

By admin | Articles
DETAIL
Page 1 of 212